BLD発電所 鳥取大山Power Station

BLD発電所,鳥取大山パワーステーション
▲完成間近の鳥取大山Power Station

BLD発電所 久留米パワーステーション

中国山地と日本海の豊かな自然に挟まれ、別名・伯耆富士(ほうきふじ)と呼ばれる山陰の最高峰「大山(だいせん)」を擁する、鳥取県・大山町に完成した 鳥取大山Power Station では、電柱の新設や移設を巡って電力会社と「大山の景観を少しでも守りたい」という地元との調整が進まず、発電事業者も交えた送電ルートの選定協議が進められました。
農業用水池の上流に位置する発電所内はクローバーの種子が吹き付けられ、沈殿池も設けられるなど土砂対策が施されたほか、周辺環境との調和にも配慮して、ヤマザクラやシラカシなどの樹木が植えられました。
所在地 鳥取県西伯郡大山町
運転開始日 2019年4月18日
出 力 1,656,9kW
年間発電電力量(Co2排出削減量) 1,742,561kWh(930t)
事業主体 BLD Power Stations 株式会社 (BLD Power Stations Inc.)
電力販売先 中国電力
協力金融機関 福岡銀行(伊予銀行)
発電モジュール LG SOLAR
インバーター 東芝三菱電機産業システム株式会社
※一般家庭の電力消費量は太陽光発電協会の表示ガイドラインをもとに算出しています
※発電施設の出力は発電モジュールの公称最大出力をもとに算出しています
※年間発電電力量のうち※は実績、その他はNEDOが公表する日射量の近傍観測データ等を用いて算出しています
※太陽光発電所のCO2排出削減量(単位=トン)は省令および太陽光発電協会の表示ガイドラインをもとに算出しています